読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子撮!!

女の子を世界1可愛く撮るプロカメラマンが教える女の子を可愛く撮る方法

一眼レフ初心者が上達したいなら "レンズキットは絶対に買うな!"

f:id:RYUSEI-CAMERA:20160730022839j:plain

 

りゅーせいです。
一眼レフカメラ購入の際、3つの選択肢から選ぶことになります

 

・一眼レフのボディーのみ

・レンズキット(高倍率レンズ)

・ダブルズームキット(標準ズーム+望遠ズーム)

 

ボディーのみであれば、レンズを持っていなければ写真を撮ることもできません。

レンズキットには準広角から望遠までのズームレンズが1本。

ダブルズームキットには、標準・望遠の2本レンズが付属、なので醍醐味のレンズ交換がスグに楽しめます!。

 

 

カメラ初心者は何を選べばいいのか?

僕がオススメしたいのは、" ボディーのみ "購入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜレンズキットを勧めないのか

 

僕がレンズキットを進めない理由

  • ズームレンズだから
  • 開放値が低くない
  • 開放値が変動する
  • 大概、使用しなくなる

ズームレンズだから?

ズームレンズが悪いわけじゃない。


僕も仕事のときはズームレンズを多用しますし、プロの使用頻度もズームレンズは多い。
勘違いしないでほしいのは、プロが使用しているズームレンズは、高価なズームレンズであるということです。
レンズキットに付属している、ズームレンズとは雲泥の差があります。

使っている素材も技術力も違いますから、全く別物。

正直、レンズキットのものは他のレンズを買ったら使わなくなります。 

 

 

開放値が低くない(暗い)

 

僕も一眼レフカメラを始めて買った時、ズームキットでした。

目に入るもの全てにシャッターを切っていて、携帯のカメラとはなんとなく違うような感じにワクワクしていましたが、出てくる写真はハウツー本やカメラ雑誌とは似ても似つかない出来、原因が何かわからずモヤモヤしていました。


ある日、中古カメラ屋のレンズコーナーに並んだ、単焦点レンズに惹かれて衝動買い。

帰って早速ためしてみると、自分が求めていた背景がボケ被写体が際立つ写真が撮れました。
この時、始めてF値が低いとボケる写真が撮れるって知りました。

 

 

開放値が変動してししまう。

 

" 開放値 "とは、そのレンズの絞りが一番ひらいてる状態のこと。
この数値が低ければ低いほど、ボケやすい傾向にあります。

キットレンズは焦点距離により、開放値が変動します。
18mm f 3.5

55mm f 5.6

とこのように、ズームしただけで開放値が何段階も変わってしまうのです。

夜や室内など暗所で、カメラ任せのモードで撮影していると、先ほどまでは普通に撮れていたのにズームしただけで暗くボケた写真になっていることもザラじゃありません。

 

 

大概使わなくなる

 
次にあなたが手にするレンズは 7,000円 ~ 30,000円 くらいの 開放値の低い単焦点レンズ。
そのレンズで撮ると、驚くほど綺麗に撮れるんです、これぞ一眼写真。
僕も前記で書いたように、驚きすぎてびっくりしました。


単焦点レンズで一眼写真が撮影できるようになると、キットレンズには戻れなくなり使用しなくなります。
売ろうにもキットレンズはそこまで高く売れないので、使わないまま部屋の片隅にひっそりと眠ることに。

高価でさほど味の出ないインテリアになってしまうんですね...もったいない。


 

 

 

 

 

 

 

 

初心者は単焦点レンズがオススメ

 

 

僕が一眼レフ購入時にオススメしたいのは、単焦点レンズです。

単焦点レンズはズームが出来ない(画角固定)レンズのことで、ズームレンズよりも製造の技術が簡単なので、同じ価格でも綺麗に撮れるものが多いです。

 

単焦点レンズを進めたい理由

  • 暗いとことろでも撮りやすい
  • ボケがすごい
  • 写真力が鍛えられる

 

 

暗いところでも撮りやすい

単焦点レンズは f値(最大開放値)が低い、明るいレンズが多い。

f 値が低くなるにつれて、光の情報量を取り込みやすくなるので夕方や室内、暗い場所でもフラッシュをたかなくていいので自然な写真が撮れます。

 

 

後ろボケがすごい

f値が低いレンズは背景がとてもボケやすいので、一眼レフで撮ったって感じる写真がとりやすく、被写体が際立ちます。
自分が見せたいものを見せやすい。一眼写真

 

 

写真を撮る力が鍛えられる

単焦点レンズは写真の構図を変える時、自分の足で動いて決めなくてはいけないので、不便です。

不便な方が人間成長するとはよく言ったもので、ズームレンズよりも自分でシャッターを押す癖がつくのでオススメ。

 

参考にしたい本↓

 

 

 

 【 メーカー別 撒き餌 】 はじめに買いたい単焦点レンズ

 

キヤノン EF 50mm f 1.8 STM

f:id:RYUSEI-CAMERA:20161213144920p:plain


俗に言う、" 撒き餌レンズ "の代表格。
少しボディーの安っぽさが気になるが、開放値は f1.8とかなり明るく使い勝手が良い。
価格も 13,000円 代と一番安い。

撒き餌さなんて失礼な、そんなレンズ買わないって思われる方もいるでしょう。

キヤノンユーザーで、最初に単焦点を買うのであればこのレンズを買おう!本当にいいから!可愛い女の子にはおじさん買ってあげちゃう!!ってそれくらいオススメしたい1本。
2年前にモデルチェンジしたばかりで、作りも新しいのもポイント。

( aps-c 換算 80mm )

 

 

 

 

ニコン  AF-S NIKKOR 50mm f1.8

f:id:RYUSEI-CAMERA:20161213144954p:plain

 

価格は 26,000円前後とキヤノンに比べると高価だが、ボディーは程よくずっしりしていてグリップが良い。

ボケがうるさいって酷評もあるけれど、個人的にはすごく好み。
イルミネーションとかネオンの街を背景にした時に、華やかなボケを演出してくれます。
スナップレンズとしても、ちょうど良いサイズ。


同じ型で、スペシャルエディションもあるのだけど外見が違うだけです。

 

( aps-c 換算 80mm )

 

 

 

ソニー FE 50mm f1.8

f:id:RYUSEI-CAMERA:20161213145036p:plain

今年発売された、Eマウント用の単焦点レンズ。
価格は 28,000円前後と 一番高価。

本体が軽量なので、αシリーズの特徴持ち運びやすさを損なわない。

ボケに関しては、暗所では滲みが目立つかな...とも思う。


AFはあまり早くはないイメージですが、人物や風景などを撮影するのであれば十分。
さすがのソニーで解像度が高い。

 

( aps-c 換算 80mm )

 

 

 

まとめ

 

初心者には単焦点レンズをオススメします!
せっかくカメラに興味を持ったのなら、少しでも楽しく一眼生活を送ってほしい。
綺麗な写真が撮れる喜びと、難しさを感じながらシャッターを切って欲しいのです。

 

カメラボディーは消耗品、レンズは資産という言葉もあるくらい、大事に扱えば長く使用できるのがレンズなのです。

 使用できなくなる、ズームレンズを買うのなら、長く使用する単焦点レンズを最初から買ったほうがいい!!!

 

初心者は単焦点レンズを買おう!!!

 

 

カメラ初心者にオススメの記事

 

ryusei-camera.hatenablog.com

  

ryusei-camera.hatenablog.com

 

ryusei-camera.hatenablog.com