女子撮!!

女の子を世界1可愛く撮るプロカメラマンが教える女の子を可愛く撮る方法

一眼レフとミラーレスの違いをぶった切ります!!

 

f:id:RYUSEI-CAMERA:20160725194907j:plain

SNSのタイムラインでカメラが欲しいなぁ〜ってツイートをよく目にします。
冬休みや長期休暇前のこの時期、カメラ購入のビッグウェーブ到来。
思い出はスマホや携帯ではなく、綺麗に撮影ができるカメラで残したいですよね。

購入するにあたって、悩む壁が
"一眼レフ"ミラーレス一眼"どちらを購入するかでしょう。

 

今回は" 一眼レフ " " ミラーレス一眼 "の違いを、

初心者にもわかりやすく、比較しながら説明していきます。


一眼レフの方が画質は良いのは本当?

 

ありません。

 

 

もう一度言います。ありません。

 

 

カメラ雑誌や愛好家が言うような、画質の違いなどはもう特に存在しないと考えていただいていいです。

違いに気がつくとしたら、プロかハイアマチュアくらいのものでしょう。

 

ですが、ここで油断してはいけません。

ミラーレスと一眼レフには決定的な違いがいくつかあります。

 

 

 

光をみるか、電子をみるか

OVF EVF

という単語は聞いたことありますか?。

一眼レフはファインダー(カメラについている小窓)をのぞいて写真をとります。

両者ではこのファインダーが違います。

僕は、一眼レフからミラーレスカメラに乗り換えしたことがあるのですが、ファインダーの違いに耐えられず、一眼レフを買い直しました。

 

この違いに耐えられるか、耐えられないかが本当におおきい。


 

OVF(optical view finder) 光学ファインダー

主に一眼レフに搭載。

メリット

  • 直接被写体を見ることができる。
  • 見たままに撮影できるので、動いてるものなどを追いやすい。
  • ファインダーを使うのに電池を消耗しない。

 

デメリット

  • 太陽など眩しいものは、直視することが難しい。
  • 視力が悪いと、見辛い場合がある。(解消法アリ)

 

EVF(electric viewfinder) 電子ファインダー

ミラーレス一眼に搭載されている。
ファインダーの中に液晶画面が入っており、そこにレンズからの映像が映る。

メリット

  • 明暗差が激しくても、被写体を確認できる。(暗所には弱い)
  • 撮れる写真と同じものが、ファインダーに表示される。
  • ピント部分を拡大して、観れるMFアシストが便利。
  • 太陽や眩しいものでも、直視しなくて良い。 

デメリット

  •  実際の被写体の動きと、ファインダー内の像にタイムラグが生じる。
  • ファインダーが液晶画面なので、光学ファインダーに比べると、バッテリー消費が激しい。
  • ファインダーの液晶画面は画素が低い。

 

 

動きが多いものを撮る機会が多ければ、OVFの一眼レフカメラをお勧めします。
逆に風景や動きの早くないものを撮る時は、EVFのミラーレス一眼がお勧め。

 

 

 

 

バッテリーもちについて

 

ミラーレス一眼は背面液晶かEVFがバッテリーを大変消耗するので、バッテリー持ちは一眼レフに比べると悪いです。

ミラーレス一眼はバッテリー持ちが悪い。
 

 

 

センサーサイズは関係ない

 

 

ミラーレス一眼だから...一眼レフだから...そんなことは関係なくなってきました。

好きなセンサーサイズを選びましょう。 

 

ミラーレス一眼は軽い

 

軽く小さいものが多いミラーレス一眼。
シャッターユニットにミラーが入っていない為です。

だからミラーレスって名前なんですよ。

 

なので、気軽に持ち運びやコンパクトにしたいのであればミラーレスをオススメします。 

 

 

重いけど安心の一眼レフ

 

 

多少重いけれど、頑丈です。
いいものになればなるほど、頑丈さ安心感も増します。

報道現場など、多くのプロが一眼レフを手放さないのもこの為ですね。

 

 

 

 

 

 

マウントアダブターの存在

 

カメラ界の猛者たちは恐ろしいもので、マウントアダプターたる魔法の道具を生み出しました。

マウントアダプターとは、本来のマウントではないのレンズで撮影が可能になるアダプターのこと。
各社からミラーレス一眼用に、一眼レフの純正レンズを使うことができるようになるアダプターが発売されていますので、そちらを使えば問題はありません。

 

ミラーレス一眼はマウントアダプターを使い、多くのオールドレンズを使用することができます。
オールドレンズ(フィルム時代に使用されていたレンズのこと)で、現在では安く(500円~)手にはいるものも多いので少し楽しむことができます。
一眼レフでもオールドレンズを使用することができますが、フランジバックの影響で使用できないレンズも多いです。

 

純正レンズの豊富な一眼レフ。
オールドレンズで楽しめるミラーレス一眼。

 

 

 

まとめ

 

 

さぁ、いかがでしたでしょうか??。
一眼レフとミラーレス一眼の違いは理解していただけましたか??。

自分の用途やスタイルに合わせて、購入すれば長く付き合っていただけるかと思います。

 

 

試したい方はレンタルもできるよ 

 

違いがわからなければ、使ってみて違いを実感するのも手ですよ!!

 

 

 


 

 

合わせて読みたい記事

 

 

ryusei-camera.hatenablog.com

 

ryusei-camera.hatenablog.com

 

 

一眼レフカメラをレンタルする時のメリットデメリット

f:id:RYUSEI-CAMERA:20171212235109p:plain



 

みなさん、こんにちは。

今回は一眼レフの機材レンタルについて書きます

 

機材を購入しようと思って悩んでる方。

買うつもりはないけど、旅行や行事などで思い出を綺麗に残したい方は必見の記事です。

 

 

一眼レフカメラは高い

 

一眼レフカメラは初心者が使うものでも高価。

新品で買うと、5万円~以上のものが多いです。

「買ってみたけど、ちがうから買い換えてしまおうかな…。」

と後悔しても買い換えるのは、金銭的にも負担が大きく、時間も浪費します。

 

スマホで綺麗な写真が撮れるようになったとはいえ、カメラで撮れる絵にはボケだったり画質の違いが明らかです。

また常用している携帯で撮るのと、ファインダーを覗いてシャッターを押すのでは全く違います。

 

 

一眼レフはレンタルができる

 

高価な買い物は、簡単には手は出せません。

 

車で考えていただけるといいのですが、車を買うのは高価なので手が出しずらい。

都心部に住んでいて、車をあまり使わない環境であればなおさら。

 

ですが、車はレンタルすることができます。

多くの方は旅行や出張などでレンタカーを利用したことがあるのではないでしょうか。

買うだけでなく、カメラをレンタルすることができるのです。

 

レンタルすることのメリットとデメリットはこんな感じです。

 

メリット

機材を買わないのであれば、圧倒的にやすい。

買わないで済む。

いろいろな機材を実際に使って試せる

 

デメリット

少し高い → 友人とのシェアで安く借りられる

自分のものでないから、壊さないかドギマギする。

何度も借りるのであれば、割高。

 

 

機材レンタルのメリット

 

機材を買わないのであれば、圧倒的にやすい。

「カメラは買おうとは思っていない。」

 

こういったことを考えているのであれば、購入せずにカメラレンタルを使用するべきでしょう。

1度や2度使用するだけなのに、5万円以上するカメラを買うのは本当にもったいないです。

 

 

いろいろな機材を実際に使って試せる

 

 「機材の購入は考えているけど、機種が決めがたい。」

 

こういった方結構いるのではないでしょうか。

僕も一眼レフをはじめて購入する時、キヤノンニコンペンタックス、たくさんのメーカーのうち、どれを買おうか悩みました。

カメラを持っている人から、よく聞くのは
「最初に買ったメーカーが、その後ずっと使っていくことになる。」

例外なく僕もそれを聞いて、何よりも慎重に機材選びをした1人。

 

情報や店頭で軽く触っただけでは、ソレが自分のベストの機材なのかわからない。

シャッター音、操作のしやすさ、写真の絵の違い。

 

なにより、そのカメラを持つことで自分がカメラを持ち出して、シャッターを切りたくなるかどうか。

買い直しは、お金がすごくかかります。

正直、ストレス以外の何物でもない

 

なので、購入に悩んでいる方はレンタルをして一度使ってみるのをお勧めしますよ。

 

 

 

 

機材レンタルのデメリット。

 

レンタル代はそこまで安くはない

 

先に安い…と表記しましたが、カメラを購入するのと比べれば安いだけで

一台借りるのに、レンタカーと同じくらい費用はかかります。

(それでも軽を借りるのと同じくらいで、3泊4日借りれる。)

そこまで、安いものでもないので、仕方がないと言えます。

 

 

ですが、友人と何人かで旅行に行く場合は、レンタル代金を割り勘すればさほど高くありません。

 

例) 8,000円 ÷ 4人 =  1人 2,000円

 

1人あたり、鳥貴族で1度飲んだくらいの金額

 

個人的には、綺麗な写真が残せるのであれば払ってもいい金額かなと思います。

 

 

 

 

結論

 

 

機材購入で悩んでいる

機材はいらないけど一眼レフを使いたい

レンタルをしてみよう

 

 

購入したい機材が決まっているのであれば...機材を買いましょう。

ryusei-camera.hatenablog.com

 

 

レンタルするにしろ、買うにしろ。

写真を一眼レフで撮るのは楽しくて癖になりますよ!。

 

 

【2017年】カメラマンの買ってよかったもの 13選

f:id:RYUSEI-CAMERA:20161207133106j:plain

みなさんこんにちは。
2016年も残りわずか...今年の振り返りもふくめて、買ってよかったもの選びました。

アイキャッチの夕焼けと、笑顔の素敵な彼を思い出しながら書きました。

彼の情報はブログの最後にあります。

 

 

【 カメラ編 】

 ソニー α7 (α7R)

 
現在のメインカメラ、使用しているのは、α7 α7R の2台体制。

ミラーレスカメラなので、とても軽量。
地方など転々としながら仕事をしているので、少しでも荷物が軽くになるのが嬉しい。


他社のフラグシップ(箱型のモノ)よりもボディーがとても小さい。
被写体に圧迫感を与えづらく、自然な表情を引き出しやすい。

オールドレンズも使用できるので、フィルムカメラから乗り換えを考えている人にもオススメできるカメラ。
初心者の女性にもオススメできるカメラ。

 

 

 

キヤノン eos kissx7i

 

初めて触った時の感動は今でも忘れられない、人生で初めて買った一眼レフ。

タッチパネルも搭載しているので、直感的操作ができる。
出てくる絵は彩度が綺麗で、肌トゥルルンって感じ。

ボディーは世界最小なので、バックなどに忍ばせておいても他のものより邪魔にならない。
何より、コロっとした愛らしい形にメロメロになること間違い無し。



エントリークラスのもので、再度購入するならコレをえらぶ。

 

 

 

EOS 1DX & 1DX mark2

 

人物、スポーツ、風景なんでも来いの一眼レフ。

1dxがあれば、どんな撮影でもこなせるって思わせるこの安心感。
キャノンさまさまです。


今年の9月ごろに売却したのですが、本当に手放したことを後悔してまする。

 

 

 

【 レンズ編 】

 

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

 

SONYが販売している 単焦点レンズ。
α7にほぼこれがつきっぱなしになっている。
コンパクトなのに、ピントが合っている箇所のシャープさが素晴らしい。
反射にも強いので、肌のテカりなどが写りにくいので綺麗に写る。

値段もそこまで高くないので、α7を買う人の初めの1本にオススメしたいレンズ。

これは絶対買いでしょ。

 

 

 

 

 

キヤノン  EF 16-35 f2.8 Ⅱ

 

広角レンズでのポートレートにハマるきっかけとなった1本。

 

周辺解像度がとにかく高く、色の出方はコッテリ、人物の肌は綺麗に出してくれる、美肌に定評のあるCanonらしい


1DXと同じタイミングで売却したのだけれど、もう一度欲しいレンズ。

自分が写真上手くなったんじゃないかって疑ってしまうほど。

 

 

 

ニコン  AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G


好きなカメラマンさんが凄く推していて、衝動買いしたレンズ。
5回ほどシャッターを押して、良さを納得した。

f 1.4とものすごく明るいレンズで撮る世界は、ピント後ろが綺麗にボケて出てくる。
ボケがうるさいって評価もあるけど、人物撮影にはとてもいいと思っているのでオススメ。

 

 

レンズは資産って良く言うけど、本当に大事に扱えば長く使えるものなので
レンズにはプロテクターをつけましょう。

 

 

【 PC ・ ソフト 】

 

MacBook pro 15inc 13inc

 

仕事をする上でも、個人的な写真を撮る上でも欠かせないのがMac book

僕のデジタル暗室。

仕事の関係上 1513インチを両方使っています。

大は小を兼ねるので、重くてもと大きくても構わない方は15インチをオススメします!

グラフックボードを積んでいるので、処理速度が全然違いますね。

金銭的に余裕のある方は、先月出たばかりの新型を!。

 

 

アドビ ライトルーム

現像ソフトの中で、一番写真に適しているソフトだと思う。
使い方さえ覚えてしまえば、簡単に写真を加工することができる。

ライトルームをいじれるようになるだけで、写真の出来が10倍良くなるので使えるようになった方が良いかも。

購入方法はクリエイティブプラン(月額制) がオススメ。
最新のライトルームと、フォトショップ 2つのソフトが使用できる。


単品購入もできます。

 

アドビリンク

 

 

 【 その他 】

 

 

Cactus CB-60W

ストロボにつけて使用する、ライトシェーピングツール。

ストロボの光を直接当てると、肌のテカりやストロボで撮ったことが丸分かりの写真になってしまうので、光を柔らかくして撮影をするために使用する。

特に女性にできるだけ柔らかい光を当てデリケートに撮影をしたい。

たたむと、お裁縫セットほどの大きさになるので持ち運びも楽チン。

f:id:RYUSEI-CAMERA:20161207214858j:plain

作例 model:中馬さりの( @chuuuuuman)

ストロボがないと使えないので、持ってない方は試しに使ってみたい方はこちらをどうぞ。

 

 

 

キャノン カメラストラップ

もともとはCPS(キャノンプロサービス)会員のみ配られていたストラップ。

キャノンの一眼レフに付属しているものより、少し肉厚がありクッション性が高い。

表面の布の部分も触り心地が抜群。

手に巻きやすいように設計されているので、ハンドストラップとしても使える。

このストラップをつけているだけで、こいつ出来るな...感が出せる。

 

 

mont-bell コスミック® パーカ

 
ロケ撮影の時は必ず着ていくアウター。

都心でも使用しても浮かないので、普段使いとしても重宝する。

ゴアテックスで、突然の雨にもバッチリ対応してくれる。
風の侵入と、撥水機能はロケ撮影には欠かせない。

 

 


スターバックスカード

 
スタバを使用するなら、絶対持っておいた方がいい。

打ち合わせなども1枚だけ持ってスマートに会計できるので、払います払いますのやり取りをしなくて済む。

PCやスマホからオンラインチャージ(クレジット払い)も可能なので、お店に行ってチャージしなくても良い。


プレゼントとしてあげるのもオススメ。

 

 

 

 

マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ

 

朝晩の洗顔に欠かせない、泡立器。
今まで使用していた、洗顔ネットは比じゃないくらい泡立ってくれるので、経済的にもお肌にも嬉しい。

形も可愛いのでおしゃれな外観を壊しにくい。

マジであわ立つんです!!!!!

 

 

 

 ハクバ レンズペン

 

レンズに汚れを取る時に役立つ1本。
ブラシもついているので、直接レンズに触ることなく掃除ができる。
カメラ持ってるなら、絶対買っておいたほうがいい。

 

 

 

 

まとめ

 

今年もたくさんのカメラに触れることができてよかったなぁ。

どうやら2017年はワクワクしちゃうようなカメラが続々と販売されるみたいなので、物欲がさらに刺激されそう。


アイキャッチの彼の正体は、おしゃれブロガーのイワタくん。
イワタワーってブログを運営しています。
服が好きなっちゃうブログです。

 

www.iwata09.com

 

 

 

あなたにオススメの記事

 

ryusei-camera.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

一眼レフ初心者が上達したいなら "レンズキットは絶対に買うな!"

f:id:RYUSEI-CAMERA:20160730022839j:plain

 

りゅーせいです。
一眼レフカメラ購入の際、3つの選択肢から選ぶことになります

 

・一眼レフのボディーのみ

・レンズキット(高倍率レンズ)

・ダブルズームキット(標準ズーム+望遠ズーム)

 

ボディーのみであれば、レンズを持っていなければ写真を撮ることもできません。

レンズキットには準広角から望遠までのズームレンズが1本。

ダブルズームキットには、標準・望遠の2本レンズが付属、なので醍醐味のレンズ交換がスグに楽しめます!。

 

 

カメラ初心者は何を選べばいいのか?

僕がオススメしたいのは、" ボディーのみ "購入です。

 

 

 

 

 

 

続きを読む

ハイキー写真で簡単に肌を綺麗に撮る方法~実際に撮ってみた~

 

f:id:RYUSEI-CAMERA:20160725194619j:plain

 

実際に撮ってみたシリーズ vol.3は
"ハイキーな写真で、女の子の肌を肌をきれ綺麗に撮る方法"です。

 

続きを読む

ポートレート撮影で自然な表情を引き出すテクニック

 

 

 

f:id:RYUSEI-CAMERA:20160724230659j:plain

 

 

 実際に撮ってみたシリーズ Vol.2

 

今回は日常生活の中のもをうまく使い、自然な表情を引き出し女の子を可愛く撮っていきます。
難しい背景選びのコツも、説明していきます。

 

続きを読む

一眼レフ と ミラーレス一眼 の違いってなに??どちらがオススメなの??

 

f:id:RYUSEI-CAMERA:20160723192450j:plain

 

最近よく、SNSのタイムラインでカメラが欲しいなぁ〜ってツイートをよく目にします。
夏休みや長期休暇前のこの時期、カメラ購入のビッグウェーブ到来。
今年の夏の思い出は念願の一眼レフカメラで.....。

購入するにあたって、悩む壁が
"一眼レフ" "ミラーレス一眼"どちらを購入するかでしょう。

 

今回は" 一眼レフ " " ミラーレス一眼 "の違いを、

初心者にもわかりやすく、比較しながら説明していきます。


一眼レフの方が画質は良いの??

 

画質は見た人が感じる、映像の質であって受取手が違えば千差万別なので、何がどうとは言い難い。

実際のところは両方共、でてくる画質には差がないです。

一眼レフカメラだから画質が良い!なんて時代は終わりました。

むしろ一眼レフだから画質が良い...なんて事実があったかに関しても微妙なところではありますが。

背面液晶だけで確認して見るのであれば、液晶の画素が高いものを買えば満足度バッチリです。

 

 

OVF か EVF

OVF,EVFってなんでしょうか?
これはファインダーの種類の名称で、写真を撮る時に覗く小窓のこと。
一眼レフとミラーレス一眼の違いの50%くらいはこいつのこと。
撮影に大きく関わる部分なので、他は飛ばしてもいいからここだけは読んでいってほしい重要ポイント。
2種類をそれぞれの、メリットとデメリットに分けて紹介していきます。

 

OVF(optical view finder) 光学ファインダー

主に一眼レフに搭載。


メリット

  • レンズを通して直接被写体を見ることができる。
  • 見たままに撮影できるのでとても楽チン。
  • ファインダーを使うのに電池を消耗しない。

 

デメリット

  • 太陽など眩しいものは、直視することが難しい。

 

EVF(electric viewfinder) 電子ファインダー

主にミラーレス一眼に搭載されている。
ファインダーの中に液晶画面が入っており、そこにレンズからの映像が映る。

メリット

  • 明暗差が激しくても、被写体を確認できる。(限度はある)
  • 撮れる写真とほぼ同じものがファインダーに表示される。
  • ピントが合っているかピント部分を拡大して観れるMFアシストが便利。
  • 太陽や眩しいものでも、たやすく確認できるので配置も楽チン。 

 

デメリット

  •  レンズに写っているものを、一度映像にしてからファインダーに反映するので、実際の被写体の動きとタイムラグが生じる。
  • ファインダーが液晶画面なので、バッテリー消費が激しい。
  • ファインダーの液晶画面は画素が低い。

 

 

動体を撮る機会が多いのであれば、OVFの一眼レフカメラをお勧めします。
逆に風景や動きの早くないものを撮る時は、EVFのミラーレス一眼がお勧め。

 

 

 

 

バッテリーもちについて

 

ミラーレス一眼は背面液晶かEVFどちらもバッテリーを大変消耗するので、バッテリー持ちは一眼レフに比べるとかなり悪いです。
ただ丸1日カメラつけっぱなしにするような状態でなければ、問題にならないです。
ただ心もとないので、一眼レフでもミラーレス一眼でも予備バッテリーは1個持ち歩きたいものです。

予備のバッテリーもそこまで高いものでないので、正規品のもを使うことをお勧めします。
非正規のバッテリーを使って、不具合や故障を起こしてもメーカーは対応してくれないので気をつけてくださいね。

バッテリー持ちは一眼レフが圧倒的に良い、ただ予備バッテリーを買えば解決するのでそこまで気にならない。

 

 

 

センサーサイズは関係ない

 

 センサーサイズもよく比較される点だとお思う。
誰よりも先に、ミラーレス一眼に注力していたオリンパスなど の会社は、積極的にミラーレス一眼のフラグシップ機発売などをしていました。

ただオリンパスのミラーレス一眼はセンサーサイズが小さいマイクロフォーザスという大きさで、一眼レフ特有の背景のボケをよく出すためにはセンサーサイズが大きい方がいいと言われてきたからなんです。
なのでミラーレス一眼のセンサーサイズ=マイクロフォーザスって認識になっているのかなと。

ですが現状、各社のエントリークラスで用意されているミラーレス一眼のセンサーサイズはAPS-C サイズで、これは一眼レフのエントリークラスのもと変わらないんです。


しかも2年前には、ソニーから発売されたミラーレス一眼の α7はフルサイズ(35mmフィルムと同じ大きさ)のセンサーを積んでいます。
そして先月には、ハッセルブラッドから中判ミラーレス一眼の発売も発表されたばかり。

 

メーカーを選ばなければ、センサーサイズはミラーレスでも自由に選べる時代になりました。
センサーサイズで基準で選ぶのであれば、ミラーレス一眼は選択肢が狭いです、一眼レフは充実していると言えるでしょう。

ミラーレスはセンサーが小さいから...という時代は終わった、予算と相談しながら自由に選ぼう!!!。

 

 

 

 

ミラーレス一眼は持ち運びが楽チン。

 

総じて、軽く小さいものが多いミラーレス一眼。
オリンパスのPENシリーズ初見た目も可愛いものが多いので、女の子が持っていても絵になります。(一眼レフ持っている女の子も好きです)

軽量かつコンパクトなので、カバンに入れておいても一眼ほどにはかさばず。
首からぶら下げていても、だいぶ楽です。
一眼レフを使用しなくなるユーザーの半分以上の理由が、重いからなのをご存知でしたか?。

 

重くて、一眼レフがお蔵入りしそうならミラーレス一眼がオススメ。

 

 

 

重いけど安心の一眼レフ

 

一眼レフカメラといえば、黒くて少し出っ張りが出てて...。

 

多少重いけれど、頑丈です。
上のクラスのものに行けば行くほど頑丈さ堅牢さが上がっていきます。
プロユーザーの指示が未だに多いのも、これによるところも大きな1つと言えるでしょう。

一眼レフの黒くてゴッツイのが好きなあなたは一眼レフがオススメ。

 

 

 

レンズってどうなの??

 

 

レンズは同じ会社でも、一眼レフカメラとミラーレス一眼でマウントが違います。
マウントとはレンズをくっつける部分のところで、マウントが違うとつけるレンズも変動します。
一眼レフのレンズはミラーレス一眼には使えないことが殆どです。
レンズを装着する部分からセンサーまでの距離が(フランジバック)が違うから。

 

メーカー純正のレンズは一眼レフのラインナップは豊富。
ミラーレス一眼は年月が浅いメーカーが多い為、選択肢は限られてきます。

 

 

マウントアダブターの存在

 

カメラ界の猛者たちは恐ろしいもので、マウントアダプターたる魔法の道具を生み出しました。

マウントアダプターとは、本来のマウントではないのレンズで撮影が可能になるアダプターのこと。
各社からミラーレス一眼用に、一眼レフの純正レンズを使うことができるようになるアダプターが発売されていますので、そちらを使えば問題はありません。

 

ミラーレス一眼はマウントアダプターを使い、多くのオールドレンズを使用することができます。
オールドレンズ(フィルム時代に使用されていたレンズのこと)で、現在では安く(500円~)手にはいるものも多いので少し楽しむことができます。
一眼レフでもオールドレンズを使用することができますが、フランジバックの影響で使用できないレンズも多いです。

 

純正レンズの豊富な一眼レフ。
オールドレンズで楽しめるミラーレス一眼。

 

 

 

まとめ

 

 

さぁ、いかがでしたでしょうか??。
一眼レフとミラーレス一眼の違いは理解していただけましたか??。

自分の用途やスタイルに合わせて、購入すれば長く付き合っていただけるかと思います。

上記の説明だけじゃ決められないよ....って方はツイッターの方に連絡いただければご相談に乗りますのでお気軽に。

 

素敵な一眼ライフを

 

twitter.com

 

 

合わせて読みたい記事

 

 

ryusei-camera.hatenablog.com

 

ryusei-camera.hatenablog.com